夫名義のマイホームに住み続けるリスクとは?

離婚しても、夫の名義のローンが残る家に住み続けるメリットとデメリットをご紹介します。

 

まずはどんな選択肢があるか?

マイホームに住み続ける場合、住宅ローンはどうすることができるか?

・ローンをご主人のまま、妻と子供が住み続ける

・ローンを妻名義に借り換える

多くの場合では、住宅ローンはご主人のまま、奥様とお子様が住み続けることが多いと思います。

 

ご主人側のメリット・デメリット

・団信に加入している場合、万が一のときに家が残る

・面会しやすくなる可能性がある

例えば、妻と子供がマイホームを出る場合、遠方に引っ越せば、面会は難しくなります。また、近所だとしても、住所を教えたくないという人も多いので、マイホームに住み続けてもらった方が面会しやすいと思います。

・夫が再婚したときに、2重にローンを組めない可能性がある

・夫の再婚相手から不信感を持たれる可能性がある

例えば、元妻と子供は一軒家に住んでいるのに、私達が借家なんて。

・妻が再婚、事実婚したときに、自分の家にその男が住むのが許しがたい

・住宅ローンを完済するまでの長い期間、妻との関係が続く

 

奥様側のリスク

元夫が住宅ローンを払い続けてくれて、マイホームに住めるなんて、良いことばかりな気もします。ただ、リスクもあります。それは、ご主人がローンを払わなかったり、自己破産したときに、家を出ていくことになるというリスクです。特に連帯債務の場合は自分に借金が残る可能性もあり、不安があると思います。

このリスクについては、他のサイト(急いで家を売りなさい!という不動産サイト)に詳しく書かれているでの、書きません。

当事務所に相談される方の多くは、夫は普通のサラリーマンで借金もないし、不安がないわけではないけど、このまま住み続けます、という感じです。

 

その関係はいつまで続くのか?

夫の名義のローンが残る家に妻が子供と住み続けるケースの最大の特徴は、住宅ローンを完済するまでの長い期間、元夫、元妻との関係が続くことです。

この関係が終わるのはいつでしょうか?

・子供が成人したとき、住宅ローンを元妻が借り換える、一括返済するなどして、家の権利(名義)を元妻にする

・子供が成人したとき、元妻と子供はマイホームを出て行く。家は売却して利益を折半か、元夫が住む

・住宅ローンを完済したとき、家の権利(名義)を元妻にする

などが多いようです。子供の年齢によりますが、それまで関係が続きます。

 

住み続ける妻の悩み

さて、家の処分が終わるまで、ずっとこんな思いがあるかもしれません。

ちゃんと住宅ローンが払われているか不安

いつ、ローン元から連絡が来るか不安。元夫とはしばらく連絡も面会もしてないので、ちゃんと滞納せずに住宅ローンを支払っているか不明。最後に会ったとき、体調が悪くて転職したいようなことも言っていたが…。

元夫が再婚したらどうしよう

離婚の原因は元夫の浮気。もともと女性にだらしなく、いいことばかり言うので、きっと再婚すると思う。再婚したとき、2軒も家は持てないので、私達にここから出て行けって言うと思う…。

住まわせてやっている、という偉そうな態度が苦痛

家に住み続けることができて、元夫には感謝している。しかし、子供との面会の都合が合わなかったり、元夫の要求を少しでも断ると、すぐに『そんな態度なら出てけ。すぐに売ってもいいんだぞ』と脅されてしまう。私も忙しいし、子供もそんな父親に会いたくないと言ってきた。ただ、この家を追い出されるのも困るので、本当に辛い…。

再婚か、家を出ていくか

最近、好意を感じる男性がいる。いつか再婚したいという気持ちもある。ただ、再婚すれば、この家を出て行かなけばならない。再婚相手に新しい家を建てて欲しい、私の連れ子の生活費、進学費用を負担して欲しいなんて言えない。子供が成人するのを待てば、私は何歳になっているだろう…。

 

アドバイス

夫の名義のローンが残る家に妻が子供と住み続ける場合、お金だけでなく、気持ちの部分での懸念も多くあります。もちろん、絶対に再婚しない、絶対に夫はローンを払い続けるはず、という方もいます。ただ、将来のことは誰にも分かりません。大切なことは、不安やリスクから目をそむけることではなく、さまざまな可能性に備えることです。当事務所では、こうした不安やリスクに備えた離婚協議書を作成します。お気軽にご相談くださいね。

 

離婚しても持ち家に住み続けた方がお得】に戻る