離婚届けを受理させなくする方法はあるが。不受理届とは

離婚届を役所に出しても、受理されないように「離婚届の不受理申出」という仕組みがあります。離婚届とは、夫婦の合意のもと、記名・捺印が必要ですが、一方が偽造して提出してしまうケースがあるからです。

もちろん、離婚届を偽造して提出するのは犯罪です。ただ、偽造して提出された場合でも、すぐに撤回できるものではなく、面倒な手続きが必要になります。これを防止するための仕組みです。

手続きは、どこの役所でも、本人確認ができるものとハンコがあればOKです。相手が離婚したがっている場合、念のため、提出しておいてもいいかもしれません。

…という情報が一般的な内容です。

絶対に離婚したくないのか?

離婚届の不受理届、という言葉をご存知の方は多いかもしれません。掲示板やまとめサイトなどを読むと、とにかく不受理届を出せ、とよく書いてあります。

ただ、さきほどの説明したように、離婚届を偽造して提出することは犯罪です。

2019年1月にも、夫に無断で離婚届を出したとして、有印私文書偽造・同行使、電磁的公正証書原本不実記録・同供用の疑いで逮捕されたニュースがありました。定期的に離婚届を偽造して役所に提出し、逮捕されるニュースが報じられます。このケースではありませんが、懲役1年執行猶予付き、という判決が多いようです。かなりガチ犯罪です。

さて、絶対に離婚したくない、という方は不受理届を出した方が良いと思います。

ただ、(リアル犯罪者予備軍の)夫と、本当に離婚したくないでしょうか?

『離婚届を偽造して役所に出したら受理されなかったぞ!』という夫と、本当にその後も一緒に暮らしていけるでしょうか…。正直、離婚届を偽造して提出される時点で、その状況としても、その夫の人間性的にも、かなり厳しいと思います。

むしろ、有利に離婚できるのでは?

離婚届を偽造して提出するひとは、正直、なにも考えていないというか、愚かです。逮捕される覚悟を持って行動しているわけではありません。無知なだけです。

さて、その人が自分がとても重大な犯罪をおかしてしまった、これから逮捕される可能性がある、と知ったとき、どうするでしょうか。泣いて懇願すると思います。お金は払うから、警察には言わないでくれ、と。本人でなくても、その親が、息子が逮捕されると知れば、代わりに示談金(口止め料)を払うから警察には言わないで、となるかもしれません。

個人的には、どうせ離婚するなら、離婚届を偽造された方が有利になるのでは…と思ってしまいます。離婚届を書いてくれない、音信不通より、よっぽど楽に離婚できますし。

子どもの父親を犯罪者にできるのか?

ただ、子供がいる場合、そう簡単ではありません。父親が逮捕された場合、上記のようにニュースで報じられる可能性があります。自分の大切な子どもの父親が犯罪者になることは、なかなか難しいものです。

実際、当事務所にも離婚届を偽造されて提出された、という相談があります

しかし、警察に相談して、元夫を逮捕して欲しい、という方はいませんでした。その理由は、やはり子どもの父親を犯罪者にはできない、という理由でした。(逮捕されないだけで、やったことは犯罪だけど)

個人的な意見ですが、離婚の不受理届は離婚されないため、というよりも、夫を犯罪者にしないために必要なんだと思います…。

※分かりやすく説明するため、厳密に正しい情報(表記)ではありません。お困りの際は、お近くの弁護士さんにご相談ください。