離婚原因:セックスレス

どうしても、性生活の話は知り合いに相談しにくいものです。

実は、男性でも女性でも、セックスレス状態で悩んでいる方は少なくありません。しかし、誰にも相談しにくいようです。とても難しい問題ですが、男女とも理由があります。

例えば、お子さんがいる男性からよく、『妻を女性としてみられなくなった』という言葉を聞きます。この言葉は本当によく耳にするのですが、『恋人ではなく、(子供の)母親になった』という感覚らしいです。もちろん、話を聞けば奥さんを愛し、新婚当時と変わらず大切に思っているのですが、どうもセックスに関しては消極的になるようです。最近では「妻だけED」という言葉もあります。女性の場合、単純に行為が好きではない、というケースも多いようです。

また、残念ながら、セックスレスになってしまうと、解消できるのは1割に満たない、という情報もあります。もし、男性が勃起不全などありましたら、恥ずかしがらずに、泌尿器科へ受診するといいでしょう。札幌にも、ED治療薬を処方してくれる病院はたくさんあるようです。

慰謝料は?

セックスしたくない理由はなんであれ、セックスを拒み続けると、婚姻生活を継続する理由がないとみなされて、離婚と慰謝料を請求される可能性があるので、注意してください。

実際、判例を調べてみると、セックスレスが原因で離婚し、500万円の慰謝料が認められた場合もあるようです。具体的にセックスレスとは、1ヶ月間性交渉がないことを言うそうですが、実際にどのくらいの頻度で求められ、なにを理由に断ったか、も大きく影響します。

ただ、愛情がなかったからセックスしなかった、相手が下手だったからしなかった、というのは理由にならないそうです。難しい問題です…。