売却と夫婦間のトラブル

どちらかが家を売りたいと思っている場合でも、相手が売りたくない場合は大変です。その他、売れるまでの住宅ローンを誰が負担するか、なども。

 

夫は売却したいが、妻が出ていかないと主張

まず、人が住んでいる家を売るのは困難です。誰もそんな面倒な家を買いたくはありません。ご主人が家を売りたいのであれば、まずは奥様を説得して、ときにはお金を渡すなどして出て行って貰う必要があります。家賃を請求することも困難です。

逆に、奥様側から考えると、離婚していないのであれば家を出ていかなければならない、という可能性は少ないでしょう。ただその場合、じゃあ住宅ローンをお前が払えと言われます。これも婚姻費用には少し影響しますが、あまり影響しません。別のページに詳しく買いてあります。

しかし、現実的には、児童扶養手当や児童手当、生活費が貰えない、光熱費の支払いを夫が止めたら暮らして行けない、など、さまざまな懸念があります。

お互いのために、できるだけ円満な話し合いをオススメします。

 

夫が家を売りたくないと主張

これもよくある話です。夫名義の不動産があり、精算して利益を折半したいのに、夫が絶対に売らない!俺が住み続ける!という場合です。

これは弁護士さんに依頼して、本来、売ったときに奥様が貰えるであろうお金を払ってね、ということで解決すると思います。ご主人にお金があれば。ただ、実際にはその費用ももったいないし、ご主人に請求したところで貯金もない、日々の生活は住宅ローンの返済と養育費などの支払いでカツカツかマイナス、ということがほとんどです。

どうしてご主人が家を売りたくないのか? 子供に残してあげたい、世間体、引っ越しが面倒などもありますが、よく分かりません。

どうして奥様が家を売って欲しいのか? 利益がでない場合でも、家を売って欲しいと考えるはずです。理由は、そんな余裕があるなら養育費を払って欲しいからです。ご主人ひとりで戸建てに住み、住宅ローンと光熱費を払うとお金が足りません。だったら、家賃4万円のアパートにでも暮らして、少しでも養育費の支払いに余裕を持って欲しい、と感じます。

ちなみに、当事務所での最高は1万数千円の家賃のアパートに引っ越した父親がいました。節約して、ちゃんと子供のために養育費などを払いたい、だそうです。(逆に家賃8万円のマンションに住んで、お金ないから養育費払えない、という男性もいました)

※ちなみに札幌市は家賃が安いので、ネットで家賃3万円を上限に検索しても2万件以上がヒットします。

 

売れるまでの住宅ローンの負担は?

二人とも持ち家を出て暮らす場合もあります。売却中の場合などです。このとき、住宅ローンは誰が払うべきでしょうか?

法律的には、婚姻費用には影響せず、住宅ローンの名義人が払うことになります。ちなみに財産分与は別居を開始したタイミングで計算するのが一般的なので、主にご主人だけが損をする可能性が高くなります。ただ、そう単純ではありません。

 

こうしたときは全般的に、法律的にどうこうではなく、お互いが損をしないように円満に話し合うことが肝要です。揉めたときは、お近くの弁護士さんにご相談ください。

 

離婚でマイホームを売却するなら】に戻る