住宅ローンを妻名義に借り換える?

夫名義の家の名義もローンもすべて妻のものしたい。そうすれば、夫もローンの負担がなくなるし、妻も自分の責任で家を持つことができる。だから妻名義でローンが組めるか?という件についてご紹介します。

 

メリット

・夫が住宅ローンから解消される

・お互いに再婚の懸念が少なくなる

・妻も自由に家の処分やリフォームができる

・自分名義の家に住むことで、児童扶養手当で懸念がなくなる

 

デメリット

・そもそも妻がローンを借りることができるか

・妻がひとりで返済が可能か

・ローンの借り換えには数十万円の費用がかかる

 

現実的には少ない

ただ、妻がローンを借りる場合、よほど妻が安定した仕事についていないと難しいです。銀行のメリットはなく、リスクが増えるだけなのでほぼ断られると思います。離婚してシングルマザーになる、というだけで銀行は懐疑的です。

実際に断られてしまった、という相談が珍しくありません。

 

妻がローンを組むためには?

あまり参考になりませんが、妻がローンを借り換えるためのアドバイスです。

・現在借りている金融機関ではなく、他の金融機関に相談してみる

・特にメガバンク(みずほ、りそななど)や地方銀行(北海道、北洋など)は厳しいです

・慰謝料などがあれば、それをローンの返済にあて、借入額を減らす

・親などから借り入れて、それをローンの返済にあて、借入額を減らす

・離婚を先延ばしにして、妻の収入を増やす、安定した会社に転職する、勤続年数を増やす

この問題は当事務所でも試行錯誤というか、いまいち分からないことが多いです。銀行の人に聞いてもよく分かりません。。

※厳密に言うと、借り換えではなく、奥様が新規で借り入れる形になります。

親に頼る、というケースも

ちょっと違うケースですが、奥様の親にお金を借りたり、出して貰って、ご主人から買い取るケースもあります。そして、その家に奥様のご両親が引っ越してきて、一緒に住むそうです。確かに戸建ての場合、ちょっと広すぎますもんね。親のサポートも受けられて、素晴らしい話です。

 

離婚しても持ち家に住み続けた方がお得】に戻る