結婚の約25%が再婚。離婚から再婚までは5年以内が半数以上。

最近の調査では、結婚件数の約25%が、夫・妻のどちらか一方、もしくは両方が再婚だそうです。厚生労働省のサイト

この数字が多いのかは微妙なところですが、再婚は珍しくないということです。みなさんの周りにも、離婚してからすぐに再婚するひとも珍しくないでしょう。むしろ、バツ1の方がモテる、という噂?もあるほとです。

再婚は離婚から5年以内が半数以上!

こちらは厚生労働省が発表している「前婚解消後から再婚までの期間別にみた年次別再婚件数百分率」の2014年のデータです。

1年未満 15.9 12.7
1~2年 13.1 13.2
2~3年 11.1 10.8
3~4年 9.2 9.4
4~5年 8.1 8.1
5~6年 6.7 7.0
6~7年 5.7 5.7
7~8年 4.7 5.0
8~9年 4.2 4.2
9~10年 3.3 3.5
10年~ 17.9 20.3

再婚のうち、離婚から5年以内に再婚する割合は男性で57.4%、女性で54.2%となっています。再婚するひとは、半数以上が5年以内に再婚する!ということが読み取れます。

男性の場合、離婚しても2人に1人が再婚すると言われていますので、男性は離婚しても、4人に1人以上が5年以内に再婚する、と考えられます。

籍を入れないという選択肢

離婚を経験すると、結婚に少し抵抗を感じるかもしれません。場合によっては、入籍はせず、事実婚という形を取る方も珍しくありません。子供を望んでいなければ、あまり入籍の必要がないためです。事実婚の可能性も考えると、離婚しても新しいパートナーが出来る可能性は、本当に高いのでしょう。ちなみに、最近では再婚専用の婚活もあるようです。

再婚を予定している離婚

再婚は悪いことではありません。当事務所へも、『実は再婚を考えている男性がいて…』というお話をされる方もたくさんいます。

男性でも、女性でも、再婚する予定がなくても、再婚することを想定しておくことが大切です。特に、お子様がいる場合、養育費や進学費用だけでなく、面会や遺産にまで影響するかもしれません。