母子家庭の半数は、生活保護水準以下?

 

平成28年度の厚生労働省の調査によれば、シングルマザーが働いて得られる年間収入は、約223万円だそうです。※養育費や児童扶養手当は含まれていません

ちなみに、札幌市のホームページにある生活保護のモデルケースによれば、母親と子供二人のケースで、約23万円/月が受け取れるそうです。ざっくり計算すると、年間280万円になります。

感覚的には、札幌市で働く場合、全国平均よりも給料は低いと思います。養育費や児童扶養手当を考慮しても、働くよりも生活保護の方が裕福かもしれません。特に、正社員ではなく、パートなどで働く場合は、より生活保護の方が裕福だと思います…。

 

母子家庭の貧困が問題に

一般的な家庭の収入に比べて、非常に安く、母子家庭の貧困はニュースでも大きく取り上げられることが増えています。 これは、シングルマザーに非正規雇用が多いことに理由があるようです。シングルマザーの正社員の割合は44.2%です。シングルマザーの43.8%は、「パート・アルバイト」で働いています。

離婚前から正社員で働いているか、子供の年齢が大きくない限り、どうしても母親の正規雇用は難しいのが現状のようです。特に、東京に比べて、札幌の方がこの傾向が高いように感じます。

 

大学進学率でも差が

教育の面で考えてみましょう。もちろん、年収300万円でも、工夫次第で、大学へ進学したケースはたくさんあります。しかし、実際、国公立大学への進学率を見ると、年収400万円未満と年収1050万円以上の家庭では、3倍近くの差があることが分かっています。

※お金持ちの方が国立大学に進めるというのは少し皮肉ですよね…