元夫がストーカーに!?

元夫に暴行され、母親が殺害される事件が発生

2016年1月に、札幌市で元夫が元妻を暴行、元妻の母親を刺し、元妻の母親を刺殺する事件が発生しました。事件の概要は以下の通りです。

過去に、女性は「夫が離婚に応じない。過去にDVを受けていた」と警察に相談していた。2015年1月頃に離婚が成立していたが、その後も元夫が女性の自宅に押しかけるトラブルが発生し、数回に渡って警察に相談。そして事件当日、元夫に対し、北海道警察が「これ以上やるとストーカーになる」と電話で注意していた。電話では元夫も「わかりました」と話していたが、その数時間後、事件が発生した。元夫は逃走する際、女性の1歳の息子を連れ去った。(その後、無事に保護された)

離婚を考えるとき、DVやモラハラが原因の場合は他人事ではないかもしれません…。

 

離婚後や別居後にトラブルが起きるケースは増えている

ストーカー被害の特徴として、警察庁の発表によれば、約6割が元交際相手、元配偶者が行為者となっています。つまり、まったく関係ない人ではなく、元恋人や元夫からストーカーされる可能性が高いということです。

『養育費を受け取っているシングルマザーは2割未満』というデータは何度も紹介してきました。その理由のひとつとして、『元夫と関わりたくない』という悩みがあります。

養育費を受け取るとなれば、やはり元夫との関係が継続します。それが苦痛で、養育費を最初から諦めるケースも珍しくないようです。

ドメスティック・バイオレンス(DV)やデートDV(恋人間のDV)、リベンジポルノなど、さまざまなトラブルがあるが、このページでは元夫や元恋人のストーカー被害についてご紹介します。

 

ストーカー規制法の対象となるのは?

ストーカーによる殺人事件などが相次いで発生したため、平成12年に成立しました。

もともと、『○○しないと殺すぞ』というのは犯罪です。ただ、これを警察に相談しても、警察がすぐに相手を逮捕してくれるわけではありません。(警察の怠慢だ!と考えることも出来ますが、実際にはそう簡単な問題ではないようです…)

恋愛感情の怨恨は、重大犯罪につながりやすいのです。

そこで、同じ脅迫や迷惑行為でも、恋愛感情が関係する場合は、事態を重く考え、警察がどんどんサポートしようね!ということで成立したのがストーカー規制法です。ということで、ストーカー規制法の対象は、『特定の人への恋愛感情がある』か『恋愛感情が満たされなかったことに対する怨恨がある』に限られています。

例えば、お金を貸して欲しい!と元夫から付きまとわれている場合はちょっと違う、ということです。

 

なにがストーカー規制法の対象となるの?

ざっくりしたイメージは、『元夫から復縁を迫られたり、復讐を予告されたり、まだ実際には被害はないけれど無言のプレッシャーを受け、恐怖を感じている!』という場合が対象です。具体的には以下の通りです。

・つきまとうこと、家などに押しかけること

・行動を監視していると思わせること

・面会や交際を要求してくること

・乱暴な言動

・無言電話や、執拗な電話、メールなど

 

ストーカー規制法の相手は元恋人や元配偶者だけ?

対象としては、恋愛感情の相手本人だけではなく、その家族や恋人も対象となります。例えば、家族に対し、『復縁に協力しろ!』『お前らが反対しているんだろ!』という場合や、恋人に対し、『これは俺の女だ!』『お前が略奪したんだろ!』なども含まれるそうです。

 

ストーカー規制法の対象だったら、どうなるの?

これらの対象となることをされた場合でも、すぐに相手が逮捕されたり、慰謝料を受け取れる、というわけではありません。まずは、恐怖をなくすため、事件が起きないために、警察が相手に警告をしたり、サポートしてくれる、ということが基本だそうです。(もちろん、告訴や損害賠償請求ができないわけではありませんが…)

 

元夫や元恋人はなにが目的なの?

大きく分類して、復縁が目的、復讐が目的、子供が目的のどれかが多いように感じます。復讐が目的の場合、事件が起こりやすいので、速やかに警察に相談した方がよいでしょう。難しいのは、復縁や子供との面会が目的の場合です。恐怖を感じるとまではいえないが、わずらわしい、精神的に辛い、などが多く、警察に相談するほどではない(もしくはしたけれど、何かあってからまた相談して欲しいと言われてしまった)など、なかなか困ります。

 

元夫がストーカーになりやすいケースは?

復縁が目的の場合、不貞相手に振られたため、という理由が多いそうです。ただ、これはネットの情報なので、どれだけ多いのかは不明です。当事務所で多いの理由は、もともと、モラハラ気味の男性からのストーカー被害です。(というか、この理由がほとんどです)

離婚後も、『離婚してこんなに辛い、お前のせいだ』『もう改心した。子供のためにも戻ってこい』『復縁しないなら養育費はもう払わない』など、元妻を困らせるようなメールやLINE(拒否すると手紙やFAXも)が定期的に来て困っている、精神的に辛いという相談が圧倒的です。週に1回程度の頻度で送られてくるとしても、かなりの苦痛です。しかし、警察に相談するほどでも…というレベルです。

 

別居中もストーカー被害になる?

ただ、『元夫』ということは、離婚は出来ています。微妙なのが、別居中の夫に対してです。夫のモラハラに耐えられなくなり、別居を開始したが、夫は離婚に応じてくれず、困っているという方がいます。離婚していなければ、DVの可能性もありますが、精神的に追い詰められていることに変わりはありません。

 

実際、ストーカー被害にあったらどうする?

生命の危険を感じるレベルであれば、すぐに警察へ相談しましょう。ただ、冒頭の事件のように、警察へ相談すればすべて解決できるわけではなく、悩ましいところです…。警察への相談が、余計に元夫を刺激するのでは?とお悩みの方もいますが、難しいところです。

警察に相談するレベルでなければ、まずは家族や友人に相談し、心と身体のケアをしましょう。時間が経過すれば、自然と疎遠になるかもしれません。

注意が必要な点として、連絡を無視したり、電話番号やメールアドレスを変更すると、相手を刺激してしまう可能性があることです。例えば、元夫と連絡するのは苦痛だけれど、子供と面会をさせなければならず、どうしても連絡が必要…という場合は、親に連絡を代行してもらう方法もあります。

基本的には、警察か弁護士さんにご相談されることをオススメします。

 

最も大切なことは、予防すること

離婚後、元夫との関係で難しいことは、ストーカー被害と、子供の面会&養育費が密接に関係していることです。面会させたくないけれど、養育費が貰えないのは厳しい…などです。

この問題をクリアするためには、やはり離婚時に作成する『離婚協議書』の内容が重要になってきます。当事務所の離婚協議書の中には、以下のような対策が盛り込まれています。

 

『夫は住所、勤務先、連絡先をした場合、妻は連絡先を変更した場合、互いに通知する義務がある』

このように、妻の住所を教えない書き方もあります。ちなみに、夫の住所や勤務先は、強制執行のために教えてもらう必要があるため、この項目自体をなくすのはオススメできません。

 

『子供の面会に関すること以外は連絡しないこと』

復縁したい、俺の状況はこんな感じ~というのを防ぎます。

 

『面会時、子供に母親の近況を聞かないこと』

お子さんとの面会時、『お母さんは彼氏できた?家にいる?』などを聞いてくるケースがあります。

 

当事務所では、『子供の幸せを最優先に考える離婚』をテーマに、離婚後も、円満な関係が築けるような離婚協議書の作成を得意としています。