夫が発達障害やアダルトチルドレンかもしれない

札幌離婚相談

・自分が悪いと思っても、認めない

・相手の失敗や欠点を執拗に指摘、非難する

・自分の経験や知識だけしか受け入れない

・1つの経験や知識だけで、すべてを同一視する

・少し指摘すると、過剰に反応する

・自分の価値観と違うものを過剰に非難する

・論理が破綻し、自分の感情だけで行動・発言する

 

上記の項目に、夫が当てはまっていませんか?ほとんど、当てはまっている場合、『アダルトチルドレン』かもしれません。アダルトチルドレンとは、病名ではなく、育った環境における、性格の特徴のようなものだそうです。

 

アダルトチルドレンになりやすい環境とは

・両親の不在

・過保護、過干渉

・無関心

・暴力、虐待

・兄弟姉妹間の差別

などが考えられているそうです。

 

離婚相談と同じ

さて、最初にあげた項目は、離婚相談でよく聞く特徴とそっくりです。

・すべてが自分中心

・外面はいいが、家族には横柄

・肉体的な暴力はないが、暴言がひどい

・話し合いをしようとすると、拒否する

などです。

 

診断に意味はあるか?

さて、本題です。離婚相談の中で「夫がアダルトチルドレンだと思います」「発達障害かもしれません」ということを言われることは珍しくありません。大変だと思います…。

ただ、そういう診断がされたところで、ご主人の性格が変わるわけでも、治そうとするわけでもありません。残念ながら、数十年間、そうして生きてきた男性が、ある日突然、その性格を治そうとすることはほぼありません。結局、病名がついたところで、なかなか状況は変わりません。

こうした相談は本当に珍しくありません。ご主人と会話にならず、理解できず、子供に悪影響が出ているし、とにかく一緒に暮らすのが辛い…。しかも、親も同じような性格だ。と悩んでいる方がたくさんいます。

 

自分の健康を一番に!

私は心理の専門家ではないので、アスペルガーと発達障害とアダルトチルドレン等がどう違い、家庭にどんな違いがあるのかは分かりません。(まとめて書いて申し訳ございません)

個人的には、離婚する(できる)か、これからも一緒に暮らすかよりも、まずはご自身の健康を第一に考えて欲しいと思います。奥様が病んでしまうことが最も心配です。そして、それが一番、子供に影響があると思います。

心療内科で離婚を勧められた、という方もいました。まずはご自身の心身の体調を一番に考えてくださいね…。