二度と不倫させないための示談書とは?

不倫の示談書は、お金のことだけでは不十分です。二度と不倫させない、連絡させないためことが目的です。

 

一般的な不倫の示談書とは?

示談書とは、不倫した人が、不倫相手の配偶者に対し、慰謝料を支払ったので、これで示談します、という契約書です。和解書、合意書もほぼ同じ意味です。

もう二度と夫(妻)と一切の連絡、接触をしないこと

二度と連絡されないように、しっかり書面に残しましょう。面会、メール、LINE、SNSなど、手段を問わず、二度と連絡させないことが大切です。職場が同じでも、書き方を工夫して書くことができます。

接触した場合、違約金を支払うこと

『連絡しないこと』と書くだけでなく、ペナルティ(違約金)について、具体的な金額も書くと、さらに効果があります

連絡先や写真などを消させること

浮気相手から、浮気した夫や妻の連絡先、メールなどの履歴、写真、手紙、年賀状など、連絡できる手段を断つためにも、これらを削除や破棄させることも大切です。

求償権を行使しないこと

求償権という言葉をご存知でしょうか?求償権とは、不倫相手がご主人や奥様に対し、今回支払う慰謝料の一部をあとから請求する権利のことです。これをしません、という約束が必要です。離婚しないのであれば、非常に重要な項目です。詳しくは【不倫の求償権とは?】をご覧くださいね。

分割払いのこと

慰謝料は、一括で払えないことも珍しくありません。分割払いにする場合、損害遅延金や連帯保証人などについても検討しましょう。

 

二度と夫や妻と関わらせないために

上記にあげた内容は最低限であり、ネットでサンプルを探せば見つかると思います。しかし、これだけでは不十分だと考えます。

それは、もし、不倫相手と配偶者が再び連絡や不倫をして、違約金を請求することなったとき、違約金より請求にかかる費用の方が高くなってしまい、実際には請求が困難なためです。その他、引っ越してしまい、請求先の住所が分からない、などもよくあります。

もちろん、ふたたび不倫する可能性はそう高くありません。しかし、また不倫するかどうかではなく、また不倫したら大変なことになる、と理解してもらうために必要な項目があります。

行政書士札幌中央法務事務所では、「浮気されても離婚しない」をテーマに慰謝料請求書や示談書の作成を行っています。離婚しないためには、こうした示談書が重要だと考えています。

 

不倫した側に必要な項目

示談書は、慰謝料を払う側と受け取る側の双方の合意で作成します。つまり、一方にだけ必要な項目だけが書かれているわけではありません。慰謝料を払う側(不倫した側)に必要な項目もご紹介します。

示談(和解)が完了したこと

「やっぱり、この金額じゃ納得できないから追加で支払え」というトラブルを防ぎます。

今後、別の名目を含み、一切の請求をしないこと

「慰謝料とは別に、口止め料を支払え」というトラブルを防ぎます。

会社、家族、友人など、一切、他言無用とすること

慰謝料を支払って和解したのに、復讐のため言いふらすトラブルを防ぎます。

分割払いのこと

慰謝料は安くないので、分割払いをお願いすることもあります。相手の方も信用できないはずですので、しっかり自分から提案することが重要です。

 

厳しい示談書を作るメリット

上記のように、当事務所で提案する不倫の示談書は、不倫した側にとても厳しい内容となっています。もちろん、二度と不倫しないのであれば、なにもデメリットはないはずです。つまり、この和解書にサインする人は、ほぼほぼ、また不倫するつもりはないでしょう。サインしたあとに再び不倫すると、大変なことになってしまいます。

逆に、また不倫するつもりのひとは、絶対にこの内容の示談書にサインしません。実際に、そういうケースも稀にあります。ある意味、相手がどう考えているか、判断材料になるとも言えます。

 

示談書作成の費用など

当事務所では、示談書の作成費用は慰謝料請求書の費用に含まれています。(着手金5千円と成功報酬10%~15%(税別))

示談書の作成のみのご依頼の場合、2万円(税別)で作成できます。全国どこからでもご依頼いただけます。相談は無料で、慰謝料を支払う側、慰謝料を受け取る側、どちらからもご相談いただけます。必要な情報さえあれば、すぐに作成し、お渡しすることも可能です。示談書の作成はお急ぎの方が多いので、可能な限り、短時間で対応しています。

 

示談書によくある間違い

非常識な内容は、書くとあとでトラブルになる可能性も

『不倫の慰謝料として、1000万円を支払う』という示談書を作成したとして、これは有効でしょうか?? 実はこれ、心裡留保として無効となってしまう可能性があります。

心裡留保とは、ざっくり説明すると、冗談(みたいな内容の契約)は無効ということです。不倫の慰謝料として、通常であれば1000万円は高すぎます。このため、この示談はおかしいと考えられるかもしれません。実際、1000万円は高すぎるとして、300万円しか認められなかった裁判例もあるようです。

この他にも、公序良俗に反する内容など、書くとあとでトラブルになる可能性がある内容があります。

示談書に配偶者の義務は書かない

示談書は、不倫された妻、不倫した夫、不倫した独身女性がいたとして、不倫された妻と不倫した独身女性の2人の間の約束です。

例えば、不倫した夫が不倫した独身女性に連絡しないこと、と書いても、その書類に、不倫した夫の署名がなければ、ほぼ意味がありません。そうした内容にするのであれば、三者間の書類にすべきです。(加害者同士で連絡した場合に、誰が傷つくのかが重要です)

基本的には示談書は、一度、交わすとやり直し(作り直し)が簡単には出来ません。このように、自分で作成するとトラブルの元となりますので、ぜひ専門家へご相談ください。特に、ネット上の情報は間違いも多いので、注意が必要です。

 

念書とは?

念書とは、不倫した当事者が不倫の事実を認めたことを、証拠に残すための書類です。浮気したご主人や奥様、不倫相手のどちらに書かせることもあります。当事務所では、念書を無料でお渡ししています。

念書のポイント

慰謝料請求を考えている場合、夫や妻の浮気相手に、念書を書かせようとするかもしれません。念書のポイントをご紹介します。

肉体関係があったこと

「◯さんと浮気(不倫)しました」では足りません。一般的に、デートだけでも不倫と考えるひともいます。しかし、法律的な不倫とは、基本的に肉体関係があったことです。必ず、肉体関係があったことを認めさせることが必要です。

肉体関係の回数、場所

肉体関係が1回だけの場合、慰謝料の金額が極端に低くなったり、離婚事由として認められない可能性もあります。必ず、回数や場所も書かせましょう。おそらく、覚えていない、と言いますが、1回なのか10回以上なのかは分かるはずです。アバウトでもいいので、可能な限り具体的にしましょう。

既婚者だと知っていたこと

肉体関係があっても、既婚者だと知らなければ、相手に慰謝料請求が難しくなる可能性があります。必ず、いつ、どうやって知り合ったのか、既婚者だと知っていた、も書かせましょう。

合意の上で肉体関係を持ったこと

ご主人が無理やり関係を持った、などと言われないよう、合意の上だったことも重要です。このため、肉体関係を持つまでの経緯も重要です。

 

念書を書かせるメリット

念書の一番のメリットは、証拠に残ることです。

例えば、再構築を目指しても、やはり離婚に至る場合があります。そんなとき、不倫の証拠がなければ、離婚したくても出来ない可能性もあるのです。浮気した人の中には、『君が離婚したくなったら、いつでもするから!』と言っていても、実際に離婚の段階になると、『浮気?証拠は?』という人もいます。

 

念書を書かない夫

ちなみに、不倫しても、反省していない男性の場合、素直に念書を書かないそうです。

・こんな紙を書いて、なにに使うんだ!慰謝料請求するのか!

・そんなに俺が信用できないのか!

・もう連絡先は消した!相手の情報はすべて分からない!

・こんなもの書くくらいなら離婚だ!

というのが常套句です。奥様の場合は比較的、素直に書いてくれるようです。もちろん、念書を書いても書かなくても、慰謝料請求する権利に関係ありません。信用のあるなしにも関係ありません。(不倫した時点で、信用があると思っている方が不思議ですが…)

連絡先を調べる方法はいくらでもあります。そんなに不倫相手を守りたいのでしょうかね。経験上、本当に反省し、二度と不倫せず、したことに責任を取る男性は、素直に念書を書いてくれます。逆に、絶対に書かない!という男性は、かなり不安です。

念書を書いたからと言って、慰謝料請求などに使わないとダメ、というルールはありません。あくまで、事実を認めるだけなのです。『これを書いたら不利になる!』と言う男性もいますが、不倫した時点で有利も不利もありません。ご主人の人間性や反省度を確認するためにも、念書は有効かもしれません。

 

念書の費用

念書は、すべて無料でお渡ししています。配偶者に書かせる念書も、不倫相手に書かせる念書も、どちらも無料です。

残念ながら、念書をお渡ししても、書いてくれないケースも多く、費用を頂戴することが心苦しいため、無料としました。ただし、当事務所で面談し、ご相談頂ける方に限ります。遠方で面談できない方にはお渡しできません。面談も無料です。夫や妻の不倫が発覚し、行動に移す前に、ぜひ一度、ご相談くださいね。

 

誓約書はこちら

誓約書とは、浮気したご主人(奥さん)に、『もう浮気しません』という誓いを書かせたものです。誓約書に関しては別のページを作成しました。

当事務所では、「離婚に備える誓約書」ではなく、「再構築するための誓約書」を作成しています。

 

離婚しないで不倫や浮気の慰謝料請求なら

行政書士札幌中央法務事務所では「夫や妻に浮気されても離婚しない」をテーマに「浮気相手にだけ慰謝料請求する」ための慰謝料請求書や示談書の作成を行っています。慰謝料請求については【離婚しないで不倫相手だけに慰謝料請求したい@札幌】のページをご覧くださいね。LINEやメールの相談は無料、面談も無料です。着手金は5千円(税別)だけ。札幌駅と大通駅から徒歩10分以内です