お金がなくて離婚できない母親のための制度まとめ

離婚したいけれど貯金も仕事もなくて、離婚できない!

という相談は珍しくありません。さらに子供が小さくて働くのが難しい、できるだけ子供と一緒に過ごしたい、というお考えもあるかもしれません。そんな離婚したいけれどお金と仕事がない母親のために、個人的にオススメの方法をご紹介します。ちなみにすでに離婚している方も同様です。

 

保育士の資格を取るのが一番、経済的!

結論から書くと、札幌市の場合、保育士の資格を取得するために、専門学校へ通うのがオススメです。

・シングルマザーが専門学校に通うと月に10万円貰える

・札幌市の場合、保育士なら条件付きで専門学校の学費は無料になる

児童扶養手当も児童手当も貰える

・子供と一緒に過ごせる時間が長いかもしれない

・税金、保育園料なども安い

つまり、月に15万円くらい貰えて生活できそう、という内容です。

 

シングルマザーが専門学校に通うと月に10万円貰える

高等職業訓練促進給付金事業(ひとり親家庭自立支援給付金事業)という制度です。

ざっくり書くと、未成年の子供がいるシングルマザーが専門学校に通うと、月に10万円貰えるよ、という制度です。市町村によって名称は異なりますが、おそらく全国どこでもあります。

看護師、介護福祉士、保育士、歯科衛生士、美容師、調理師、栄養士、社会福祉士などの28の資格が対象です。ちなみにこの金額は非課税です。

 

札幌市の場合、条件付きで保育士の学費は無料になる

札幌市保育士修学資金貸付事業という制度です。

ざっくり書くと、学費(160万円)を無利子で貸してくれて、卒業後、札幌市内の保育園に5年間勤務したら、返済が免除、つまり返さなくていいよ!という制度です。ちなみに札幌市以外にあるかは不明です。

専門学校に通えば10万円貰えるとしても、学費が払えない、という心配があります。保育士ならこの制度が利用できるので、授業料のほとんどは心配ありません。(教材費20万円弱などは別です)

 

児童扶養手当も児童手当も貰える

上記の毎月貰える10万円は給付金なので、所得には含まれません。このため、基本的には児童手当(子ども1人で1万円)と児童扶養手当(子ども1人で約4万3千円)が受け取れます。※働く場合は稼ぐほど児童扶養手当が減ります

ちなみに児童手当は中学生まで、児童扶養手当は高校生までです。お子様が二人の場合、児童扶養手当は合計で月額約5万3千円です。もちろん、児童扶養手当は実家に住んでいて親の収入が一定以上ある場合などは受け取れない可能性があります。

 

アルバイトもできる

専門学校へ通う期間、もちろん、アルバイトなど働くこともできます。週末や長期休みに働くことができると、お金が貯めやすくなります。

 

税金、保育園料なども安い

普通に働いても、働いて稼ぐほど、住民税や所得税、健康保険料など、収める税金なども増えます。しかし、上記で説明している給付金や手当には税金がかかりません。全額、自分で使えます。

もちろん、国民年金(毎月約1万7千円)や国民健康保険料(毎月数千円)はかかります。

所得が低いので、保育園料なども安くなります。

 

子供と一緒に過ごせる時間が長いかもしれない

専門学校の多くは、16時くらいに終わるそうです。早いところは15時などに終わるそうです。普通にフルタイムで働けば、17時や18時を超えるのは当たり前です。20時まで保育園に子どもを預けている方もいます。その点、夕方に学校が終われば、買い物をしてから子どもを保育園に迎えに行くくらいの余裕はあるかもしれません。小学生であれば、習い事の送迎などもできるかもしれません。また、小学生などは夏休みは冬休みなどの長期休みをどうするか不安です。その点、専門学校は小学校などと同じように夏休みや冬休みがあるので、安心です。

病気のときも同様です。働いていると、なかなか仕事を休みにくい、ということを聞きます。休んだ分、会社や同僚に負担がかかることもあります。その点、学生であれば、休んでも困るのは基本的に自分だけです。一定以上の出席や単位を取得していれば卒業できるはずです。

子どもが1歳のときに離婚して、専門学校を卒業し、勤務先の保育園に子どもと一緒に通っている、という方もいます。

 

総合的に考えて

例えば看護師さんや公務員の方のように、年収400万円など稼げるひとはこうした制度を利用せず、どんどん働いた方が得だと思います。しかし、いま専業主婦、もしくは、扶養内で働いている子育て中の女性がこれから働きはじめても、年収100万円から200万円、ということも珍しくありません。9時から18時まで働いても、専門学校に通って10万円を貰っても、手取りはそう変わらない可能性があります。

 

若い子と一緒に学べない??

もう30代で、子どももいるのに18歳の子と一緒に学校に行くなんて…という方もいます。が、当事務所では40代でも専門学校に行くことになった人は珍しくありません。また、学校で同世代の方が数名いた、と聞きました。学校にもよるのかもしれませんが、悩むより、調べてみた方が早いと思います。

 

注意事項がいっぱい

さて、良いことをいっぱい書きましたが、注意もいっぱいあります。長くなるので、ざっくり書きます。詳しくはお住まいの区役所に相談された方が早いでしょう。

・離婚が成立しないと利用できない。すべて決まってから離婚しよう、という場合は難しい。離婚できないから制度が利用できない、制度が利用できるか不安だから離婚できない、という人も。

・「児童扶養手当受給者又は同様の所得の水準にあること。」が条件。実家に戻り、親が高収入の場合などは受けられない可能性も?

・タイミングが難しい。基本的に入学は4月から。しかし、受験は9月頃からはじまる。例えば1月に離婚しても希望の学校に入れないかも。また、児童扶養手当は審査に2ヶ月かかる。事前にスケジュールはよく確認した方がいい。※審査が終わらないと申し込めないのかは不明。ただ申請の必要書類に「児童扶養手当証書(写)」がある。

・アルバイトで稼ぎすぎると月10万円が月7万円に。10万円が支給されるのは市民税非課税世帯のみ。課税世帯になると月額7万500円になるので注意。子供の人数によるので年間、いくらまで稼いでいいのか事前に確認を。

・前々年、前年に年収300万円以上あった人は確認を。

 

まとめ

子どもひとり(3歳から中学生)の場合、保育士の専門学校に通うと毎月約15万円貰える

さらに養育費やアルバイト代があると生活が楽に

働くより子どもと過ごせる時間が長いはず

資格があると将来も安心

条件や注意がいろいろと複雑なので必ず区役所に相談して

 

分かりやすいようにざっくり書きました。厳密な説明ではないので、必ず区役所にご相談くださいね。養育費のことなど、離婚のお悩みは当事務所にお気軽にご相談くださいね。

子供の幸せを最優先に考える離婚相談@札幌