離婚しないで浮気や不倫の慰謝料請求

行政書士札幌中央法務事務所では「子どもの幸せを最優先に考える」をテーマに離婚に関する書類作成を行っています。その中には「夫や妻が浮気したが、離婚するか迷っている」というご相談も多くあります。離婚は悪いことではありません。ただ、浮気されても離婚したくない、と考える方も大勢います。

そうした背景から、夫や妻に浮気や不倫をされても、離婚しないで浮気相手・不倫相手にだけに慰謝料請求したい、というご相談に特化した業務を行っています。

これまで、たくさんの慰謝料請求書や示談書を作成してきました。現在のLINE登録は3000件以上です。不倫されても離婚しない、という方のための慰謝料請求書(内容証明)や示談書、誓約書の作成を得意としています。内容証明作成の着手金は5千5百円(税込み)だけです。離婚する場合の着手金は無料です。

 

当事務所の特徴

・ご依頼されても着手金は5千5百円(税込み)だけ

メールやLINE相談、面談(2時間)はすべて無料

LINEやメールでのお問い合わせは24時間365日OK

・浮気を疑っている時点でも相談できます

・証拠が少ない、住所が分からない場合でも大丈夫

・慰謝料請求しなくても大丈夫

できるだけ費用と時間をかけたくない人にオススメです

 

離婚しないための慰謝料請求とは?

当事務所に相談された方の約8割は浮気されても離婚しませんでした。浮気されても再構築は可能です。当事務所の考える「離婚しないための不倫や浮気の慰謝料請求」とは、できるだけ穏便に、費用をかけずに慰謝料を請求し、二度と夫や妻に関わらないという書類にサインさせることです。

慰謝料請求でケジメをつける

浮気相手への慰謝料の請求はケジメです。また不倫させないためにも、不倫相手に慰謝料をしっかり請求し、二度と夫や妻に連絡しないことを書面で約束させることが大切です。再び連絡した場合の違約金などのペナルティも重要です。

必ず成功する保証はない、だから安く、穏便に

ただ、配偶者が浮気した=必ず慰謝料が受け取れる、ということではありません。浮気した配偶者が反対するなど、様々な理由により慰謝料が受け取れないことがあります。【慰謝料が絶対に受け取れる保証はない

いきなり裁判などの大事にしても、配偶者と揉める可能性が高まります。また、調査や請求に高額な費用をかけて、もし慰謝料が受け取れないとき、余計に腹立たしいです。このため、できるだけ穏便に、費用をかけずに慰謝料請求することをオススメしています。

配偶者にも約束させる

浮気されると本当に不倫相手と別れたのか、また連絡や会ったりしていないか、とても不安です。言葉だけでは信用できません。浮気された側が安心するため、浮気した配偶者にも、二度と浮気などをしないという誓約書にサインさせることをオススメしています。

 

不倫が発覚すると誰もが一度は離婚を考えます。離婚がダメ、ということではありません。離婚して幸せになった方もたくさんいます。しかし、やはり離婚は大変です。特にお子様がいる場合は不安も大きいはずです。不倫と慰謝料についてインターネットで検索すると、離婚して慰謝料を請求しましょう、という探偵事務所のサイトや弁護士事務所さんのサイトが多くヒットします。もちろん証拠は重要ですし、離婚した方が慰謝料は高額になることが多いでしょう。しかし、現実的には子供のために離婚したくない、調査にかける費用がもったいない、早く終わらせたい、という方がたくさんいます。また、裁判などのおおごとにはしたくないので弁護士さんには依頼しにくい、弁護士費用が払えない、相談したら離婚を勧められたという方も珍しくありません。

当事務所では不倫や浮気をされても離婚せず、できるだけ費用と時間をかけずに慰謝料請求し、早期にこの問題を終わらせるお手伝いをしたい、と考えています

もちろん、せっかく慰謝料を請求するなら、できるだけ高額な方がスッキリしますよね。大切なことは慰謝料の金額ではなく、慰謝料から経費(調査費用や専門家に依頼する費用)を差し引いて、いくら手元に残るかです。当事務所では、手元に残る金額の最大化が重要だと考えています。慰謝料100万円が受け取れても、費用に100万円以上がかかっては無駄なだけです。

具体的には、相場に応じた金額の慰謝料を相手の納得できる表現で速やかに請求し、二度と夫や妻に関わらないという書類(示談書)を作成しています。

 

離婚しない慰謝料の相場は?求償権とは?

離婚しない場合、浮気相手からいくら慰謝料が受け取れることが多いか気になると思います。慰謝料の相場で検索すると、50万円から100万円と書かれていることが多いと思います。

その前に求償権求償請求権という言葉をご存知でしょうか? 簡単に説明すると不倫の求償権とは、不倫の慰謝料は不倫相手とあなたの夫や妻が二人で負担するお金なので、もし不倫相手があなたに100万円を払った場合、そのあとに、あなたの夫や妻に対して「あなたも悪いんだから50万円を返して」という権利です。※厳密には「返す」ではありません

離婚しない場合、あとから半額も請求されてしまったら、とても大変です。費用などを考えるとマイナスになる可能性もありますし、なによりムカつきます。半額で済めばマシですが、責任の割合によっては7割以上を請求される可能性もあります。注意としては、相手は求償権を放棄する義務はない、ということです。求償権を放棄して慰謝料50万円を払うか、慰謝料100万円を払ってあとから求償請求するかは、不倫相手が選べる、ということです。

さて、慰謝料の相場の話に戻ります。インターネットで書かれている慰謝料の金額(相場)が、求償権を放棄した前提の金額なのかどうかが非常に重要です。必ず事前にご確認くださいね。

当事務所が作成する慰謝料請求の内容証明は、不倫相手が求償権を放棄する前提で作成しています。その分、慰謝料の金額は低めになります。50万円から75万円程度が多いです。不貞の期間や回数、婚姻期間や関係(同僚、子供の関係者など)などに影響します。

慰謝料請求をお考えの場合は、必ず事前に「求償権」について知っておきましょう。当事務所ではご依頼の前に、必ず詳しくご説明しております。詳しくは「不倫の求償権とは?」をご覧くださいね。

 

LINEで無料相談できます

当事務所では相談はすべて無料とし、LINEやメールで少しでも気軽にご相談頂けるようにしました。24時間365日、受け付けていますので眠れない真夜中や早朝でも遠慮なくご連絡くださいね。※返信は翌朝になることがあります

 

まずはお悩み相談で大丈夫

当事務所は『夫や妻が浮気しているかもしれない…』という、疑っている時点でもご相談頂けるのが特徴です。夫や妻の携帯電話(スマホ)を見てしまい浮気を知ってしまった、ホテルのレシートを見つけたなど、まだ明確な浮気の証拠がない状況でもご相談いただけます。

その他

・ご主人や奥様が浮気を白状しない

・ご主人や奥様を問い詰めて白状させた

・浮気相手の住所が分からない

・興信所や探偵事務所に依頼しようか迷っている

・不倫相手が妊娠していないか心配

・ダブル不倫で困っている

・浮気した側から離婚したいと言われて困っている

・離婚か再構築かで迷っている

・浮気発覚から1ヶ月以上モヤモヤしている

など、どんな状況であっても、無料でご相談頂けます

また、全体の約3割は男性からのご依頼です。詳しくは【妻の浮気相手への慰謝料請求

 

浮気された人のための相談です

当事務所では「不倫してしまい、慰謝料を請求されたので減額したい」という相談には応じられません。請求された慰謝料の減額は弁護士さんにご相談ください。

 

当事務所でできること

慰謝料請求のための請求書(内容証明)作成

再構築のための誓約書作成

・離婚や再構築についての相談

・夫婦関係修復の相談(カウンセリング)

などが中心です。

こんな方にオススメです

・離婚したくない(迷っている)

・お金をかけず、早く終わらせたい

・裁判などは望んでいない

・探偵に依頼したくない(お金がもったいない)

・専門家への相談で証拠がないと言われた

・婚約中や肉体関係がない不倫など、費用をかけて請求するメリットが少ないと言われた

ひとつでも当てはまる方は、一度、ご相談くださいね。

 

不倫相手が妊娠しないために

浮気したのがご主人の場合、不倫相手が妊娠していないか確認することも大切です。ほとんどのケースでは心配ありませんが、もし知らないうちに妊娠、出産されると大変なことになります。(強制)認知し、養育費を1千万円以上払うことになるかもしれません。正直、不倫の慰謝料どころの話ではなくなります。不倫でも中絶を強制することはできません。逆ギレされて、嫌がらせのために産みます、となるケースが最悪です。実際に不倫相手の子供を出産したケースもありました。可能な限り早期に解決すべきです。不倫の証拠を集めるために探偵に依頼し、調査している期間に妊娠する可能性もあります。ご主人の浮気が発覚、または怪しいと思ったら、なるべく早く専門家に相談されることをオススメします。当事務所では基本的に、すぐに面談し、すぐに書類作成を行います。面談までに何日もお待たせしたり、内容証明発送までに無用な時間をかけることはありません。

 

証拠が少なくても、大丈夫

夫のスマホ(LINEやメール)を見て浮気を知った、などの場合、肉体関係の明確な証拠がないというケースがほとんどです。そうした場合でも当事務所で慰謝料請求に成功することは珍しくありません。証拠のことはとりあえず、気にしなくて大丈夫です。(まったく根拠がない場合などは難しいです)

 

住所が分からなくても、大丈夫

同様に、相手の氏名は分かっても住所は分からないというケースも多くあります。当事務所では相手の住所が分からなくても慰謝料請求に成功することは珍しくありません。

 

慰謝料請求の不安やデメリット

不倫相手に慰謝料請求しようとしたとき、不安もあると思います。

・もし浮気相手に慰謝料を請求すると夫や妻が逆ギレしそうで怖い

・慰謝料請求するなら離婚と浮気した側から脅されている

・浮気の証拠が足りないと言われたが探偵に依頼するお金もない(もったいない)

・慰謝料請求することで浮気した二人が仲良くなりそう

当事務所ではこうした不安やリスク、デメリットも事前に詳しくご説明しています。

 

慰謝料が受け取れない可能性もある

不貞行為(肉体関係)があれば慰謝料が絶対に受け取れる、というものではありません。例えば、不倫相手も既婚者(ダブル不倫)でお互いに離婚しない場合、慰謝料が相殺のような状態になり、お互いに慰謝料を請求せずに終わることも珍しくありません。こうしたとき探偵や興信所に依頼した費用、弁護士さんなどに依頼した費用が回収できないこともあります

その他、ご主人が独身だと嘘をついていた場合、肉体関係がない場合、ご主人が『彼女に慰謝料請求するなら離婚する』と脅してきた場合、不倫相手が妊娠していた場合、相手が無職でまったくお金がない場合なども慰謝料が受け取れないかもしれません。こうした背景から、当事務所では相談はすべて無料、着手金も5千円と消費税のみとしています。もし慰謝料が取れなくても、5500円(税込み)しか損をしません。【慰謝料が絶対に受け取れる保証はない

 

スピード解決を優先

浮気問題は早く終わらせたい、早く関わりを断ちたい、と願う方が多いと思います。裁判などになれば、どうしても数ヶ月単位の話になってしまい辛いでしょう。当事務所ではなるべく早く終わらせることを重視していています。最短で最初のご相談から2週間以内に示談書の取り交わし、慰謝料の入金まですべて終わることもあります。当事務所にお越し頂くのは最初の1回だけ、という方も珍しくありません。

・24時間以内に必ず返信します

・面談は当日予約もOKです

・初回面談時に書類を作成できます

・遠方の方でもご依頼いただけます(LINE電話など)

初期費用(着手金)が5千円だけ

当事務所では慰謝料請求の内容証明を作成する場合でも、着手金は5500円だけです。この5500円の中に実費(内容証明発送代金や切手代など)もすべて含まれています。別に請求することはしません。

上記にあるように慰謝料を請求しても、絶対に慰謝料が受け取れるという保証はありません。当事務所であれば、やっぱり慰謝料請求をやめたいと諦めることなった場合でも、損をするのは5千円だけです。調査に大金をかけたり着手金をたくさん払ってしまうと、お金がもったいないのでキャンセルしにくくなってしまい、とても残念なことになってしまいます。 ※探偵や興信所への依頼をオススメする場合もあります。

内容証明については【慰謝料を払いたくなる内容証明とは?】をご覧ください。

円満な解決を目指している

とにかく高めの慰謝料を請求してみましょう、という専門家もいます。しかし、現実的でない金額を請求してもムダに時間がかかるだけです。費用も増えます。最初から適切な金額を請求し、相手を必要以上に刺激しないことが、早期解決のポイントです。円満に解決し、二度と夫や妻と浮気しない、連絡しない、という示談書を作成します。

示談書の作成費用も成功報酬に含まれているので、別料金はかかりません

本当に相談無料です

相談無料です、と書いても、本当に無料なんですか?と聞かれることがよくあります。おそらく、ほとんどの方はこれまでこうした場所に相談したことがないので抵抗があると思います。私もそうでした。本当に本当にLINEやメール相談も面談もすべて無料です。ご依頼されるまで住所やフルネームは伺いませんので請求することもできません。また、ご依頼される場合でも料金は後払いなので、お財布は家においてきて大丈夫です。

再構築の経験をご紹介できます

浮気されて、とても辛い状況だと思います。離婚した方がいいのか?再構築できるのか?また浮気されるのではないか?など、不安でいっぱいだと思います。こうしたとき、スマホで浮気された方の経験などを検索し、余計に不安になってしまいます。当事務所ではこれまで浮気された方、再構築を目指した方の話をたくさん聞いてきました。面談ではこうした経験者の声もご紹介するができます。浮気してしまった側の気持ちをご紹介することもできます。

離婚しない場合、慰謝料(お金)だけの問題ではなく、これから浮気された側が安心して暮らせること、二度と浮気させないことの方が重要だと考えています。

その他の特徴

離婚についてもご相談いただけます

離婚についても詳しいので、養育費や離婚後の生活についてもご相談いただけます。

離婚する場合も慰謝料請求できます

離婚する場合や、離婚したあとの慰謝料請求もご相談いただけます。なお、離婚時の不倫相手に対する慰謝料請求の着手金は無料です。

子供がいなくても慰謝料請求できます

「子供がいると離婚も大変ですよね」と書いていますが、お子様がいなくても慰謝料請求できます。結婚してすぐに浮気された、婚約中に浮気されたなどのご依頼も多くあります。

男性からの相談も実績多数

全体の約3割は男性からのご相談です。男性の場合、離婚も考えている、まだ離婚するか再構築するか決まっていない、という方がほとんどです。忙しいので早く終わりにしたい、という方にオススメです。詳しくは【男性からの不倫相談と慰謝料請求】をご覧くださいね。

遠方の方でもご依頼いただけます

基本的に面談は最初の1回だけで内容証明や誓約書が作成できます。また、面談が難しい遠方からのご依頼も多数あります。全国からご依頼があります。詳しくはこちらをご確認ください。

迷っている場合は?

慰謝料請求などをするか数週間、数ヶ月、迷っているという方からの相談もあります。個人的には、なにか行動されるならすぐにした方が良いと思います。逆にしないのであれば、絶対にしないと決めた方が気持ちが楽になります。ただ悩んでいる時間はもったいないです。何に悩んでいるかも含めて、お気軽にご相談くださいね。

 

慰謝料請求以外

慰謝料請求以外で、どんな相談ができるか簡単にまとめました。

不倫相手に二度と連絡しないと約束させたい

不倫相手に対し、二度と夫や妻と会わない、連絡しない、違反したら違約金を支払え、という書類が作成できます。肉体関係未満の関係などの際に相談が多くあります。費用は相手に請求することが多いです。

慰謝料以外のお金を払って欲しい

探偵など調査にかかった費用、プレゼント代、旅行代、ホテル代などの不倫にかかった費用、心療内科やカウンセリングの費用、書類作成にかかった費用など、慰謝料以外のお金を請求したいという相談も増えています。

夫や妻に書かせる誓約書

ご自身の夫や妻に対して、二度と浮気しない、という誓約書(念書)が作成できます。大切なことは浮気させないこと、ご自身が安心するためになにが必要かです。詳しくは『離婚しないための誓約書』をご覧ください。

 

あなたは悪くない

浮気された人の中には『私が悪かったのかな?私にも責任があるのかな?』と自分を責めてしまう方もいます。しかし、それは間違いです。どんな理由があっても浮気した方が悪いのです。そもそも浮気をする人は奥さんや旦那さんがどんなに素晴らしくても浮気します

大切なことは『相手への復讐』ではなく『ケジメをつけること』です。浮気されて苦しんでいる方が本当にたくさんいます。何も分からない状態でも大丈夫ですので、まずは相談することから始めてみませんか?

何もしない方がいい??

「慰謝料請求すると夫から嫌われる?」「逆にその二人の関係が強くなる?」などの不安や疑問があるかもしれません。「なにもしない方がいいですか?」「慰謝料請求しない方がいいですか?」と聞かれることがあります。

そうした不安がある場合、慰謝料の金額を下げることも可能です。例えば、慰謝料が5万円だったら、相手が応じる可能性も高くなるでしょうし、ご主人も怒りませんよね。(5万円は極端ですが)

大事なことは「ケジメをつけること」です。なにもしないと、また同じことが起こったときに後悔します。慰謝料請求以外もご依頼いただけるので、慰謝料請求するか決まっていない場合でもご相談くださいね。

 

費用・料金

初回面談(2時間)、メール、LINEでのご相談

… すべて無料

不倫の慰謝料請求(内容証明の作成)

… 着手金5千円 + 成功報酬10~15% + 消費税

※着手金を安くしている理由は、成功する割合が高いためです。着手金には内容証明の費用(約2千円)なども含まれているため、あとから実費を請求することはありません。また、相談料なども含まれているので、ご依頼後に何度面談をしても追加料金などは一切かかりません。

※成功報酬は慰謝料を請求して、実際に受け取ることが出来る金額から計算します。もちろん、慰謝料が振り込まれてからのお支払い(後払い)でいいので手元にお金がなくても大丈夫です。成功報酬の割合は案件に応じて事前にご相談の上で決定します。

着手金と成功報酬以外、一切の料金はかかりません

※相談とは、お悩みや書類作成に関するご相談です。法律上、裁判や訴訟に関するご相談はお受け出来ませんので、ご了承ください。その他、お役に立てない場合にお断りすることもあります。

弁護士さんとはなにが違うの?

当事務所は行政書士事務所です。弁護士さんとは違い、相手と会って交渉したり、裁判等のアドバイスはできません。慰謝料請求書や示談書の作成、これらに関する相談に応じることしかできません。その分、費用が安いのです。同じフロアに弁護士事務所様があり、状況に応じて無料でご紹介しております。弁護士さんをお探しの方はこちらなどもオススメです。

札幌弁護士会ホームページ

法テラス 札幌

比較のための相談も歓迎です

インターネットで検索するとたくさんのサイトが見つかり、どこに相談や依頼をするか迷ってしまうかもしれません。当事務所は「離婚にも詳しい」ことが特徴です。専門家の中には不倫の慰謝料には詳しくても、離婚はほとんど扱っていないケースもあります。当事務所では、他の専門家との比較も大歓迎です。ご依頼されなくても相談料などは一切、不要です。

 

事務所の場所、営業時間

事務所住所:北海道札幌市中央区北3条西7丁目1-1 SAKURA-N3

代表者氏名:行政書士 久保圭一郎

所属会:北海道行政書士会(札幌支部)

事務所電話番号:011-600-2220

JR 札幌駅まで徒歩8分。

地下鉄 大通駅まで徒歩10分。

面談時間 : 午前10時から午後5時

※土日、祝日も営業しています。LINEやメールは24時間OKです。

詳しいアクセスや営業時間はこちら

 

はじめての方でも安心

お客様のお話をじっくり聞いて、分かりやすく説明するために初回面談は2時間としています。自分の気持ちや考えがまとまっていなくて、なにを相談すれば良いか分からないという方でも大丈夫です。面談でご依頼や契約を迫ることもありません。ちなみに面談はドラマのようにスーツ姿の複数人と向かい合う、というものではありません。リラックスしてお話しできるようにこちらもスーツは着用していませんし、オッサンがひとりだけです。美容院を予約するくらいの気持ちで大丈夫です。札幌市だけでなく、小樽市や恵庭市、江別市、石狩市、苫小牧市などからもご依頼があります。

 

完了までのおおまかな流れ

よくある、おおまかな流れをご紹介します。(札幌近郊にお住まいの方の場合)

1.LINEやメールでお問い合わせください

まずはLINEやメールでご連絡ください。「浮気されました」など文章は短くても大丈夫です。

2.簡単に状況をお伺いします

こちらから状況やご希望をお伺いします。氏名や住所など、個人情報は不要です。当事務所でお役に立てそうであれば面談などをご案内します。当事務所でお役に立てそうにない場合は弁護士さんをご紹介することもあります。どこに依頼していいか分からない場合でも気にする必要はありません。

3.面談しましょう

基本的には面談して、詳細をお伺いします。また内容証明や示談書のサンプルをご紹介します。注意点やリスク、料金についても詳しくご紹介します。面談は2時間ですので焦らなくて大丈夫です。面談は当日や翌日でもOKです。できるだけお待たせしないようにしています。ここまでで費用がかかることは一切、ありません

4.ご依頼ください

面談当日にご依頼頂き、その場で内容証明の案も作成できます。もちろん、ご依頼されなくても相談料などは一切、かかりません。後日のご依頼でも大丈夫です。無理に契約を迫ることもありません。ご依頼されても着手金は後払いです。

5.相手からの返信を待ちましょう

当事務所で内容証明を発送します。内容証明を送った場合、届いてから多くのケースで2週間以内に返信があります。すぐに返信が来ることもあります。もちろん、多くはありませんが無視されることもあります。無視された場合などは着手金しか費用はかかりません。無料で弁護士さんをご紹介します。

6.示談書を作成しましょう

相手が慰謝料を払う、となった場合は示談書(和解書)を作成します。この費用も成功報酬に含まれています。示談書は郵送でやり取りするため、相手に会う必要はありません

7.慰謝料が振り込まれて終わりです

あとはご自身の口座に慰謝料が振り込まれてすべて終了です。早いケースだとご連絡頂いてから2~3週間程度でここまですべて終わります。分割払いになることもあります。

8.精算しましょう

慰謝料が振り込まれたことを確認したあと、精算をお願いします。着手金と成功報酬を頂戴します。お支払いはお振込みでも大丈夫ですので、当事務所には最初の1回しか来ないという方もいます。逆に不安があれば、何度、お越し頂いても大丈夫です。追加の費用などはかかりません。

補足

訴えること自体が目的であれば、最初から弁護士さんにご依頼されることをオススメします。当事務所は、とりあえず円満に請求してみて、もしすぐに終わったら費用や時間的にベスト、無視されたときなどは弁護士さんに依頼するつもり、という方にオススメです

 

ご相談いただいた方から

※守秘義務がありますので、脚色してあります

・他の専門家に相談したときは、慰謝料や費用などお金の話ばかりで、私の気持ちや悩みの話はできなかった。こちらはお金の話よりも、どうしたいか、どういう不安があるのかを詳しく聞いてくれたので相談して良かった。

・他では不倫相手を反省させるためには、とにかく高額な慰謝料を請求することが重要と言われたが、共感できなかった。早く終わらせたかったのでこちらに相談した。

・離婚した場合の養育費や慰謝料についても相談できて良かった。相談時間が1時間だったら足りなかったと思う。

婚約中や新婚の方から60代の方まで、幅広くご相談があります。浮気されて恥ずかしい、と考える必要はありません。

専門家への相談で嫌な思いをしたことはありませんか?

・無料相談に電話したら、証拠が少ないので何もできないと言われた

・離婚をすすめられた

・それくらい我慢しろ、男は浮気するもの、など叱られた

・ホームページの料金とは違う金額を提示された

・夫婦カウンセリングだと思って相談したら、探偵を紹介された

 

最後に

浮気されて、心から苦しんでいる方の話をたくさん聞いてきました。「親を悲しませたくない」「子供ために離婚したくない」「結婚を祝福してくれた人に申し訳ない」「離婚は経済的に不安」など、離婚をためらっている理由は様々です。当事務所では、離婚を勧めたり、離婚を煽ったりなどはしません。離婚しないなら我慢しなさいとも思いません。

とても苦しい状況の中で、ほんの少しでもお役に立てればと考えています。相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせくださいね。

 

慰謝料請求関連ページ

浮気相手にだけ慰謝料請求するときの内容証明とは?

二度と不倫させないための示談書とは?

慰謝料が絶対に受け取れる保証はない

求償権や求償請求権とは?注意点について

浮気相手への慰謝料請求でよくある質問

男性向け。妻の浮気相手への慰謝料請求

再構築のための誓約書とは?

浮気された妻が知っておくべきこと