不倫のご相談と料金(遠方にお住まいの方へ)

不倫に関する相談や料金、注意項目についてご紹介します。遠方(札幌近郊以外)の方もこちらをご確認ください。

 

はじめに

当事務所は行政書士事務所です。慰謝料請求書、示談書(和解書)、誓約書、離婚協議書などの書類を作成することで料金を頂戴しております

このため、基本的には当事務所に書類作成の依頼をご検討中の方を対象に相談に応じております。将来的に依頼したい、ということでも大丈夫です。

札幌近郊にお住まいの方(面談できる方)であれば、浮気を疑っている段階から面談してご相談いただけます。(このサイトの情報は面談できる方を想定した内容となっています)

もちろん、遠方にお住まいの方(面談できない方)でもご依頼いただけます。ただ、複雑な案件に対応することはできません。札幌近郊の弁護士さんしかご紹介できないため、問題が発生したときに対応が難しいためです。

具体的には、遠方にお住まいの場合、以下を満たす場合にご相談いただけます。

・ご主人(奥様)が肉体関係を認めていること、慰謝料請求に反対していないこと

・浮気相手が独身であること

・浮気相手の住所、連絡先(電話番号、LINE)、職場などがなにか1つでも分かっていること

・書類作成のご依頼を検討中であること

※示談書や誓約書は、相手が応じていれば作成できます。

 

相談

メールやLINEでの相談は無料です。初回面談は2時間まで無料です。最初に「どういった書類の作成を検討中か」と「札幌近郊にお住まいか」を教えて頂けるとスムーズです。

※当事務所でお役に立てない場合、こちらからお断りさせて頂く場合があります。あらかじめご了承ください。

遠方の方のご依頼の流れ

慰謝料請求書の作成のご依頼の流れをご紹介します。

1、まずはLINEやメールで状況やご希望、ご質問を教えてください。氏名や住所などの個人情報は不要です。こちらからもご質問します。

2、当事務所でお役に立てそうであれば、LINE通話(音声のみ)で詳しくお伺いします。事前に日時を決めます。テキストのみのやり取りも可能です。

3、慰謝料請求書と示談書のサンプル、委任状などの画像をLINEやメールでお送りします。内容について詳しくご紹介します。ここまででお金がかかることは一切、ありません。

4、ご依頼される場合は委任状を送付します。署名の上、ご返送ください。

5、並行して、慰謝料請求書を作成していきます。このときに相手の氏名、配偶者の氏名などを伺います。慰謝料をいくらにするか、どんなことを求めるかなども一緒に考えていきましょう。

6、慰謝料請求書が完成すれば、内容証明などで相手に送付します。内容証明であれば、当事務所で発送します。料金は着手金に含まれています。送付の方法は様々です。

7、相手から返信(連絡)はご依頼人にきます。メールで来ることが多いです。返信の内容をそのまま教えてください。どうするか一緒に考えましょう。

8、問題なければ、示談書の案を作成し、LINEやメールで画像をお送りします。慰謝料の振込先口座の情報などを伺います。確認いただき、完成すればこちらで印刷し、ご依頼人に郵送します。相手への封筒、返信用封筒、送付状などもこちらで用意します。

9、相手から無視された場合、支払いを拒否された場合などはここで終了となります。着手金のみ精算をお願いします。

10、相手から示談書が返送され、慰謝料が振り込まれて、終わりです。当事務所への支払いはお振込みです。早い方は2週間程度でここまですべて終わります。

※当事務所にお越しいただく必要はありません。相手に会うこともありません。書類や封筒はすべてこちらで用意します。

※行政書士は相手と直接の連絡、交渉や説得のアドバイスはできません。円満な状況で書類作成しかできません。このため「ダメもとで請求してみる」という方にオススメです。

 

着手金

5千円と消費税

内容証明発送の実費(千円~2千円くらい)や相談料なども全て含まれていますので、相手の方に無視されたり、不倫の事実を否定された場合などは、このお金しかかかりません。

成功報酬

実際に受け取れた金額の10%から15%

これは請求した金額ではなく、実際に受け取ることになった金額で計算します。慰謝料100万円を請求して、相手の方から60万円でどうですか?と言われて、じゃあ60万円でいいです、という場合は、60万円が計算の対象となります。成功報酬の割合は、難易度に応じて、ご依頼される前に決定します。成功報酬の中には、相談料、和解書の作成なども含まれています。

ただ、注意が3点あります。

途中でキャンセルする場合

例えば、相手の方から10万円なら払います、と返信があり、そんな安い金額なら許せないので弁護士に依頼して裁判します、という場合です。この場合、相手の方は10万円を払う意思を表示しているので、実際に受け取っていない場合でも、10万円に対する成功報酬が発生します。

慰謝料と別のなにかを要求した場合

例えば、慰謝料100万円を払うか、北海道から引っ越すか、どちらか好きな方を選んでください、という場合で、引っ越しを選んだ場合、100万円に対する成功報酬が発生します。また、相手が退社するので慰謝料を受け取らない、となった場合も同様です。

分割払いの場合

例えば、慰謝料50万円を毎月2万円、25ヶ月で払います、という場合、その和解書を取り交わした時点で、費用が発生することになります。基本的には、費用分が貯まるまではお支払いをお待ちします。

その他、事情に応じて安くすることがあります。お気軽にご相談ください。事前に約束した以上の料金が発生することは絶対にありませんので、ご安心ください。詳しくは、お気軽にご相談くださいね。

 

離婚しないで不倫や浮気の慰謝料請求なら

詳しくは【離婚しないで不倫相手だけに慰謝料請求したい@札幌】のページをご覧くださいね。LINEやメールの相談は無料、面談も無料です。着手金は5千円(税別)だけ。札幌駅と大通駅から徒歩10分以内です。