別居中の夫が家を売るから出て行けと言ってきた

夫がマイホームから出ていき、別居状態になっている。妻は子供と一緒に結婚してから購入したこの家に住み続けたいが、夫から家を売るので出て行けと言われた。どうしたらいいか。

 

妻と子供も住む権利がある

不動産や住宅ローンの名義がすべてご主人だったとしても、結婚後に買った家には基本的には妻が住み続ける権利があります。名義がご主人であっても、マイホームは共有財産なので、半分は奥様の持ち物でもあります。持ち主を勝手に追い出すことはできません。住み続けたいのであれば、離婚の条件等が決まるまでは家を出ないと、しっかり主張することが大切です。

 

ただ、勝手に売ることも可能

しかし、法律的(登記)には、ご主人の持ち物と書かれているので、ご主人が勝手に売却してしまうことは可能です。奥様やお子様が不在のときに、ご主人が不動産屋に査定を依頼して、勝手に売却の手続きをしてしまうかもしれません。同様に、勝手に荷物を運びだそうとしたり、鍵を変えられるかもしれません。

もちろん、実際には、出ていかない人が住んでいる家を売ることは困難です。ご主人が状況を正直に不動産屋さんに話していれば、不動産屋さんも売却するためには奥様と穏便に話し合い、奥様も了承していないと難しいことは教えてくれるはずです。しかし、こうしたケースでは、だいたい嘘をついているので、不動産屋さんも騙されている状態かもしれません。

 

不動産屋さんに悪意があるケースも…

希少なケースですが、ご主人と不動産屋?が一緒になって、奥様と子供を追い出そうとしたケースもあるようです。『このまま住み続けても、家は売ることができる。名義はご主人のものなので、あなたには住む権利はない。家が売却されたら、あなたは新しい家主に訴えられる。早く出ていった方がいい』 → 基本的には奥様にも住む権利があります。ただ、売却されると確かに面倒ではあります。

※これは特殊な例で、ほとんどの宅建業者はこうしたことは言いません。

 

勝手に売却されないために

ご主人が勝手にマイホームを売却しようとしている場合は、裁判所に対して、財産(不動産)を勝手に処分できないようにしてね、というお願いをすることが出来ます。(不動産処分禁止仮処分)

これが認められると、登記という不動産の書類に、勝手に持ち主を変更できないように追記されます。

※裁判所の手続きに関して当事務所ではアドバイスできません。弁護士さんにご相談ください。弁護士さんのご紹介は可能です。

 

正しいかどうか、ではない

不動産については、養育費や慰謝料以上に、難しいです。すべてを理解することは無理だと思います。また、ご主人もどこまで本気で発言しているか、も重要です。軽い気持ちというか、売り言葉に買い言葉かもしれません。単なる嫌がらせもあります。あまり真に受けて、おおごとにしてしまうと、円満な解決=家に住み続けるということが難しくなります。法的にどちらが正しい、正しくない、というだけでなく、相手の気持ちも含めて、お互いにとって良い選択を考えることが大切です。

 

離婚しても持ち家に住み続けた方がお得】に戻る