夫から離婚理由がないけど離婚したいと言われた

夫から離婚したいと言われたが、理由はなかった

なんとなく離婚したいと言われた(嫌いになったわけではないと)

離婚の理由に納得できない

どうでもいい(くだらない)ことで離婚したいと言われた

という相談が増えています。それでも離婚したくない、という女性のために。

 

理由がない離婚が増えている

こうした相談は、ほとんどが女性からの相談です。もっと限定すると比較的、結婚年数がまだ短く、子供がいない、もしくは子供が小さい奥様が多いです。逆に女性がこうした理由で離婚を考える人は少ないと感じます。だいたい、男性です。女性はハッキリ嫌いになった、無理、という感じです。ちなみに女性の場合、不貞やDVなど分かりやすい理由がない場合、周りから我慢が足りないと言われることがあります。後述します。

 

あんなに愛していると言われて結婚したのに

こうした相談で言われることが多い内容をご紹介します

・言われる前まではラブラブで仲が良かった

・夫から大好きだと言われて結婚した

・暴力などはなく、夫は悪いひとではない

・愛情が残っているので離婚したくないが、無視されて辛い

・むしろ浮気とか明確な理由の方がスッキリしたのに

などです。

 

理由がまったくないことは少ない

ちなみに、理由はまったくない、というケースはそう多くはありません。奥様が何度も離婚理由を聞けば、なにかしら、言われます。しかし、ほとんど納得できる内容ではありません。

 

・結婚の前から離婚を考えていた

→ なんで?じゃあ、どうして求婚したの?

・愛情がなくなって、結婚の意味やメリットが感じられない

→ どうして愛情がなくなったの?私はなにをしたらいいの?

・仕事で辛いときに、君は寝てた(旅行に行ってた、話を聞いてくれなかった)

→ 謝る、今度から気をつける、と言ってもダメ

・僕が欲しいと言った車の購入を反対された

→ …え?

 

基本的に、そんなことで離婚するの??と思うような内容です。バリエーションはいっぱいあります。そして、奥様が改善する、謝る、努力する、と言っても、「もう遅い」的なことを言われて、結局、どうして欲しいのかよく分からない、どうしようもない、納得できないことになります。

 

その離婚理由は本当の離婚原因ではない可能性も

その理由に対して改善策などを提示しても、結局、ご主人の離婚したいという意見が変わることはありません。経験的にですが、ご主人の言う離婚理由はほとんどが本当の意味での離婚原因ではありません。

 

浮気をしている可能性もあるが高くない

この状況で女性がまっさきに疑うのは、浮気です。他に好きな女性ができたから、離婚したいのではないか、ということです。こうしたケースも珍しくはありません。しかし、半数以下だと思います。ご主人が比較的、肉食系(というか横暴なひと)の場合、こうした可能性が高めです。また、ご主人から情熱的に求婚された場合も高めです。

逆に、無気力というか、おとなしい男性の場合や、奥様から積極的に結婚した場合は、あまり浮気が原因ではありません。浮気だと思うのであれば、探偵さんなどに相談するのもアリだと思います。

※このページは、実は浮気パターンではなく鳩系夫の紹介です

 

本当の理由は、結婚に向いていないから

当事務所でもっとも多いのは、

・自由になりたい、一人になりたい

・奥さまが重いから

という、あまり共感できない理由です。しかし、本当に多いです。近年、特に男性の生涯未婚率が上昇していることはご存知だと思います。それは、金銭面もそうですが、結婚にメリットを感じられない、という考えが浸透しているためだと思います。

結婚のメリット、是非については長くなるので書きません。

ただ、結婚も離婚も、そんな軽いことじゃないよね?と言いたくなる男性が増えています。しかし、そうした男性にそう言ったところで、理解はされません。ざっくり、最初から結婚に向いていない男性だったんだな、と思います。自由になりたいと言われて、お前は鳥か、と言った奥様もいました…。

 

自由になりたい系の男性の特徴

当事務所の経験上、なんとなくこうした男性は特徴があります

・面倒くさがり、無気力、刹那的

・仕事での向上心が少ない

・よく分からないこだわりが強い

だいたいの男性に当てはまりそうな内容ですが、ざっくり、昭和の職人的お父さんではなく、いまどきの男性、という感じです。また、こうした男性は好きと嫌いの温度差が激しく、先月までラブラブだったのに、いきなり無視され、妻の作った食事も食べず、来月には家を出て行くと言っている、という相談も多いです。

 

話し合いをしても無駄

そうした男性は、怒られたり、説得されたり、泣かれたりすることが嫌いです。特に怒られることに対する耐性は限りなく低いです。話し合いをしても、あまり効果がないどころか、悪化することも多いようです。

 

どうしたらいいか?

どうしたらいいかは、難しいです。その男性の性格、発言、奥様の性格などによって、まったく異なると思います。詳しくは、経験豊富な離婚カウンセラーや夫婦カウンセラーなどにされると良いと思います。

NGなことが多い発言や行動を紹介します

・愛していると言う

→ そういう男性は自分中心なので、奥様の気持ちはあまり重要ではない。むしろ、思い、しつこい、そういう所が嫌いなど。頻度とタイミングが重要。

・別居を提案する

→ 場合によるが、そのまま別れることが多い。奥様も疲れる。また一緒に住むのが怖くなる。

・ご主人の親に言う

→ 逆効果になることも多い。するなら慎重に。

・より良い妻でいる(食べなくても料理を頑張る)

→ 現実的だが、辛い。どれだけ続くか。

大変な状況ですが、離婚を回避できたケースもあります。適切な専門家へご相談されることをオススメします。

 

コラム:母親の場合は大変

他方、女性が離婚したいケースをご紹介します。ご主人の浮気やDVが原因の場合、離婚しても周囲から応援されやすいです。しかし、ご主人と性格や考え方が合わない、一緒にいて辛い、という場合、なかなか周囲から理解されにくい傾向があります。特に子供がいて、ご主人が大手企業に勤めていたり収入がいい場合、奥様がワガママだ、贅沢だ、我慢が足りない!と言われてしまうことがあります。

個人的な考えですが、男性は、どれだけ収入が良かったり仕事ができたり、他人には優しくても、家族には、特に奥様には冷たい、ということが珍しくありません。よくあります。

こうしたケースなどでは親などからも離婚を反対され、それに悩んでしまう方もいます。

離婚したい場合でも離婚したくない場合でも、大変です…。