夫が未成年と不倫した

夫が未成年の女性と浮気した。慰謝料請求できますか?という相談も珍しくありません。夫の浮気相手が未成年だった場合をご紹介します。

 

未成年でも慰謝料請求できる

基本的には、相手が未成年者であっても、慰謝料は請求できます。もちろん、肉体関係などがあった、既婚者だと知っていた、などの条件は成年者と同じです。

 

18歳未満の場合、条例に違反する可能性が

ただし、相手が17歳以下の場合、北海道青少年健全育成条例で、ご主人が逮捕される可能性もあります。実際に逮捕されたニュースもあります。18歳未満の場合は、慎重に進めることをオススメします。

※現在の年齢ではなく、最初に行為したときの年齢が重要です。

※当事務所では、相手が17歳以下の場合はなにもできません。弁護士さんをご紹介しています。

 

高額な慰謝料は難しい

相手が18歳~19歳の場合、慰謝料請求はできますが、一般的に、慰謝料の金額は安くなります。相手は判断能力が乏しいと思われる年齢であり、ご主人が成年であれば、よりご主人の方が悪い、責任が重い、と考えられます。

 

基本的には親に請求は難しい

彼女に慰謝料を払うお金がないなら、親が払えばいい、と考えるかもしれません。未成年なので、親にも関係がないわけではありません。ただ、実際には、うちの娘は悪くない、騙されたんだ、お前の夫が悪い、会社にバラす、など、親が反省して謝罪どころか、逆ギレすることも珍しくありません。相手の親には、期待しないほうがいいです。

 

夫が会社で責任を求められる可能性も

当事務所へ、夫が未成年者と浮気した、という相談のほとんどが職場での出会いです。特にご主人の勤める飲食店のアルバイトと浮気した、という相談が圧倒的に多いです。(稀に出会い系サイト、キャバ嬢、学校というケースもあります)

ご主人が職場で未成年のアルバイトと不倫した場合、圧倒的にご主人が悪く、責任を求められる可能性があります。

 

浮気相手に職場をやめて欲しい

職場が同じ場合、とにかく浮気相手の女性に辞めてもらいたい、と考えるのが自然です。実際に、アルバイトであれば女性が辞めるケースは多いでしょう。

ただ、基本的には辞める義務というか、強制的にやめさせることは難しいです。こうした場合、慰謝料を安くする、請求しない代わりに自発的に辞めて貰うことを求めるケースもあります。

 

学校をやめて欲しい

相手が学生のことも多々あります。こうした場合、学校に知らせたい、学校を辞めさせたい、という方もいます。ただ、あまりオススメはできません。

 

連絡先がSNSしか分からない

相手が未成年者の場合、相手の連絡先が分からない、ということも多いです。そして、インスタやツイッターのアカウントなら分かります、と言われることがあります。

SNSで連絡することも不可能ではありませんが、無視されて鍵付きにされることがほとんどです。最初の連絡が重要ですので、連絡する前に専門家にご相談くださいね。

 

費用をかけず、二度と不倫させないことが重要

ご紹介したように、相手が未成年者の場合は高額な慰謝料請求は難しいです。せっかく探偵などに依頼しても、調査費用の方が高くなってしまう可能性もあります。

なるべく費用をかけずに、円満に請求することが大切です。そして、二度とご主人と不倫や連絡をさせないことが重要です。

当事務所では、SNSしか分からない未成年の浮気相手に慰謝料請求し、無事に慰謝料が支払われた実績が複数あります。諦める前に、一度、ご相談くださいね。

 

夫に浮気された妻が知っておくべき30のこと

夫に浮気されたときに知っておきたいことをまとめました。証拠のこと、夫が逆ギレしたときのこと、浮気相手に仕事を辞めて欲しい、浮気相手に謝罪をさせたいなど、これまでのご相談で聞かれたことをまとめています。詳しくは【夫に浮気されたときに知っておくべきこと】をご覧くださいね。

 

離婚しないで不倫や浮気の慰謝料請求なら

行政書士札幌中央法務事務所では「夫や妻に浮気されても離婚しない」をテーマに「浮気相手にだけ慰謝料請求する」ための慰謝料請求書や示談書の作成を行っています。慰謝料請求については【離婚しないで不倫相手だけに慰謝料請求したい@札幌】のページをご覧くださいね。LINEやメールの相談は無料、面談も無料です。着手金は5千円(税別)だけ。札幌駅と大通駅から徒歩10分以内です