浮気した旦那が逆ギレや無視をしてくる

『夫の行動が怪しくて、浮気していると思うんですけど、問い詰めても逆ギレされそうで…』

『夫のスマホを見たら浮気していて、問い詰めたんですけど、それでも浮気を認めず、「そんなに俺が信用できないなら離婚だ!」と言われてしまって…』

『旦那の浮気が発覚後、開き直って無視してくるんです…』

という相談がよくあります。このページでは、夫の浮気を疑ったら逆ギレされた、というケースについて紹介します。

関連ページ

浮気を認めた旦那から離婚したいと逆ギレされた、脅されている

 

浮気を問い詰めたとき、大きく3パターンに分かれる

経験上、夫に浮気を問い詰めたとき、大きく3パターンに分類できます。

  • とにかく謝罪&ちょっと嘘をつく
  • 全面降伏や無気力
  • 逆ギレや無視(絶対に認めない)

それぞれ、簡単にご紹介します。タイプ別に注意がありますので、問い詰める前の参考になれば幸いです。

常識的な夫は、少しだけ嘘をつく

後述します。

すべて正直に話せば許されると思っているのか

『夫に浮気を問い詰めたら、正直に結婚前から付き合っていることを教えられて…。しかも、他にも3人も浮気していたらしくて…』という相談も珍しくありません。

嘘をつくのは、大変だし、面倒なものです。

このため、正直にぺらぺら浮気について、あっさり白状するひともいます。中には、『聞いてもいないのに、新婚旅行中に浮気したことまで話し出した』『浮気相手とディズニーランドに行ったことを白状したが、思い出の場所だったので、聞きたくなかった』など、真実を知ることで、奥さまが余計に深刻なダメージを負うケースも多いようです。

こういう男性は、『正直に話せば許して貰えると思っている』のか『離婚されてもいい』のか『なにも考えていない』なのか、わかりません。ただ、『聞きたくなかった』という悩みのある女性が本当にたくさんいます。

こうしたタイプのご主人の場合、問い詰める前に、『しっかり覚悟しておくこと』『本当に真実が知りたいのか?』など、よく考えてからにした方がいいでしょう。知らない方が幸せな事実は、たくさんあります。嘘をついて欲しかったこともあります。

 

逆ギレ夫が言うセリフ

やっと本題です。浮気について質問したら激怒された、というケースです。

奥様が『スマホを見ちゃったんだけど、これなに?』と質問すると、尋常じゃなく怒り出す人がいます。

『勝手に携帯を見るなんてプライバシー侵害だ!訴えてやる!』

『そんなに俺の言うことが信じられないなら出て行け!』

『仕事上の付き合いだ!』

『誤解だ!勘違いだ!俺を疑いやがって!』

『その女性はただの同僚だ!連絡なんかしたら、離婚だ!』

『じゃあ、もうLINEしねーよ!お前の誤解だけどな!』

『なにもなかった(不倫は終わった)から、もういいだろ!』

そして最悪なのが、『お前(奥さん)が○○だから浮気するんだよ!』です。○○には、愛情がなくなったとか、家庭の居心地が悪いとか、いろんなワードが入ります。

怒っていることをアピールするために、家に帰ってこない、家族を無視する、帰る時間が極端に遅くなる、などもあります。

 

どうして普通に話せないの?

さて、事実がどうであれ、どうして普通に会話できないのでしょうか?

誤解なら誤解で、普通に説明すればいいだけですよね。そんなに興奮して、大声で話す必要があるのでしょうか。嫌なことがあったら、○○しないでね、と言えばいいだけですよね。どうして、いきなり離婚という言葉が出てくるのでしょうか。携帯電話を見られて、そんなに困ることがあるのでしょうか。

基本的に、逆ギレする男性はやましいことがあるんだと思います。絶対にスマホを見せてくれません。履歴を復元していい?と聞けば怒ります。

もちろん、やましいことがなくても、疑われることは嬉しいことではありません。怒ったり、悲しんだりすると思います。ただ、そんなに興奮しませんよね。なにを疑われたの?と不思議に思うだけです。

 

逆ギレするタイプは、時間とプライドが大切

逆ギレするタイプは、『とにかく奥さんに指図されるのが嫌』『奥さんに負けたくない(?)』という自分が一番大好きな男性に多いようです。また、テンパると『とにかく怒鳴ってしまう』人もいます。

前述のちょっとずつ嘘をつくタイプの男性は、ある意味、賢くて、その状況でもぺらぺら嘘をつける男性です。逆に、不器用な男性は、いきなり奥さんに『浮気してるでしょ?』と言われてパニックになってしまいます。『認めたら離婚される』『認めても怒られる』⇒どうしよう!となり、『なんで勝手に俺の携帯を見たんだ!』と、意味の分からないことでキレだすのです。

ここでポイントは、『逆ギレする人 = 離婚したい人 とは限らない』ということです。

男性はパニックになると、思ってもいないことを言い出します。その場から逃げ出したい衝動から、『出て行け!』とか『じゃあ、離婚だ!』と言ってしまうのです。無視する、逃げる、という人もいます。そして、あと(離婚届を書くときとか)になって、やっぱり離婚したくないとか、奥さんが泣き寝入りして、なぁなぁになってしまうのです。

こうしたタイプの夫に問い詰める場合、手紙がオススメです。ただ、誠意のない夫の場合、嘘を考える時間を与えるだけなので、逆効果かもしれません。また、手紙を書いたけど、読まないという人もいます。詳しくは、ご主人の性格や不倫の状況に応じて、専門家へ相談した方がいいかもしれません。

 

浮気を放置するのは危険

ちょっと脱線しますが、『浮気を問い詰めずに、放置する』という選択肢もあります。これは、『夫に浮気をやめさせるためには、居心地のいい家庭にすること!』というような怪しい情報商材などに書かれているようです。(実際に購入したお客さまもいます)

この選択がいいかは別として、夫の浮気を放置すると、『不倫相手に子供ができた』『知らない間に多額の借金をしていた』など、本当に後戻りできないことになる可能性があります。そして、これは珍しい話ではありません。夫に問い詰めてケンカするのは疲れますが、放置するのもオススメできません。

 

離婚は浮気ではなく、その後の対応で決まる

他でも書いているので簡単に。浮気だけが原因で離婚する夫婦は、本当に少ないのです。

しかし、浮気を問い詰めたときに逆切れされたり、殴られたり、暴言を吐かれると、信頼が失われて、その人との将来が見えなくなるのです。浮気のほとんどは、遊びです。本気ではありません。

しかし、感情的な言い争いで信頼関係を損なうと、もうあとには戻れないかもしれません。浮気は絶対に許せることではありませんが、より大切なことは、ご自身が幸せになることです。後悔する前に、しっかり考えて対応することが大切です。

 

※当事務所では、ご主人が肉体関係を認めない、慰謝料請求したら離婚すると脅されている、という場合、慰謝料請求書の作成はご依頼いただけません…。こちらの【慰謝料請求しない解決方法とは?浮気相手に念書を書かせる】であればご依頼いただけます。よろしくお願いいたします。

 

夫に浮気された妻が知っておくべき30のこと

夫に浮気されたときに知っておきたいことをまとめました。証拠のこと、夫が逆ギレしたときのこと、浮気相手に仕事を辞めて欲しい、浮気相手に謝罪をさせたいなど、これまでのご相談で聞かれたことをまとめています。詳しくは【夫に浮気された妻が知っておくべき30のこと】をご覧くださいね。

 

離婚しないで不倫や浮気の慰謝料請求なら

行政書士札幌中央法務事務所では夫や妻に浮気されても離婚しないをテーマに「浮気相手にだけ慰謝料請求する」ための慰謝料請求書や示談書の作成を行っています。慰謝料請求については【離婚しないで不倫相手だけに慰謝料請求したい@札幌】のページをご覧くださいね。LINEやメールの相談は無料、面談も無料です。着手金は5千円(税別)だけ。札幌駅と大通駅から徒歩10分以内です。

 

遠方にお住まいの方もご相談いただけます

慰謝料請求書や示談書、誓約書の作成など、遠くにお住まいの方でもご相談、ご依頼いただけます。LINEやLINE通話(音声のみ)を利用して、面談なしでも大丈夫です。面談に行くことが不安な方、近くの専門家には相談しにくい方などに好評です。お気軽にお問い合わせくださいね。

※相手の住所が分からなくても大丈夫です

※証拠がなくても、ご主人が肉体関係を認めていれば大丈夫です